姫路城や竹田城観光にゲストハウス繁盛校を!


◼ お城のあとは、学校へいこう!

姫路城や竹田城へのバイクでのツーリングで、是非、ゲストハウス繁盛校を宿泊観光の宿に使用して欲しいと思います。

姫路城とゲストハウス繁盛校間の所要時間は、1時間30分(約57Km)ほどです。姫路城から、ゲストハウス繁盛校へは、国道29号に出て北上して一宮町に入ります。一宮町には、伊和神社道の駅播磨一宮があります。

目の前の昔ながらのたい焼き「松川さん」1つ1つ型で焼いていく、天然たい焼きと言われるもの。石本のオススメ店でもあり、程よく甘いあんこのたい焼きは軽く2~3個はペロッと食べれますよ!そして、北上していくとすぐに一宮町のローソンが見えてきます。なんとこのコンビニは、ゲストハウス繁盛校までの最後のローソン!(ゲストハウスまで20分)

ローソンを過ぎると、スグに国道29号と県道6号の分岐があります。

ほとんどの車が鳥取方面に行ってしますが、ここは、ぐっとこらえて右折レーンの養父方面へ。そのまま、揖保川沿いを北上すると波賀方面の国道429号、養父・朝来方面の429号の分岐があります。

ここは、真っ直ぐ 養父・朝来方面の429号へ進み、しばらくいくとゲストハウス繁盛校が見えてきます。

◼ 竹田城からゲストハウス繁盛校までのアクセス

竹田城とゲストハウス繁盛校間は、距離:32.6Km 44分

まずは、竹田城から国道312号を朝来方面に南下します。すると、姫路(ひめじ)、生野(いくの)に対して、宍粟(??)の標識が。

宍粟(しそう)と読みます。パッと見て、穴栗(あなぐり)に見えますが、宍粟(SHISO)です。右折して、国道429号方面に行きます。ここから、ゲストハウス繁盛校へ向かって、峠を越えていくワインディングロードです。途中、UFOのような神子畑選鉱場が見えてきます。

さらに進んで行くと、道が非常に狭くなってきたり、走り屋防止の凹凸がある路面が一部出てくるのですが、山間部を気持ちよく走れると思います(^^)/

くれぐれも、スピードは出しすぎぬよう…。黒原トンネルの抜けてからが、繁盛地区の入り口!田園風景広がる、気持ちいいワインディングロードを下っていくとゲストハウス繁盛校が見えてきます。是非、姫路観光の際の宿泊所に!竹田城観光の宿泊所に!皆さんのお越しをお待ちしています!って、まだ改修中ですが(笑)

2020年12月から、ふるさと納税で寄付金を募る「ガバメントクラウドファンディング」を実施します。

ガバメントクラウドファンディング(GCF)は、一般的なクラウドファンディング(CAMPFIRE、READYFOR)とは少し異なり、ふるさとチョイスがふるさと納税制度を活用して行うクラウドファンディングです。自治体が抱える問題解決のため、ふるさと納税の寄付金の「使い道」をより具体的にプロジェクト化し、そのプロジェクトに共感した方から寄付を募る仕組みです。

NPO法人More繁盛の旧繁盛小学校をゲストハウス繁盛校に改修して、地域の交流拠点にする活動は、審査が通り無事認定されました。

プロジェクト名:山間部の小学校跡をリノベし、未来を創るビジネスを多角的に企画・推進する!2020年12月以降公開

是非、応援よろしくお願いします。

© 2020 More HANSE